FC2ブログ

プロフィール

Author:momo


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


FC2カウンター


フリーエリア

いつでも里親募集中

一週間ほど前の話。

面会の帰り際、ワーカーさんに呼び止められた。


「最近、どうですか?」と聞かれたので、思ったままを答えた。


どうやらワーカーさんも同じらしい。


最近の夫は、落ち着いて来た。


とは言うものの、もう、何年もの間、このフェイントにだまされて来たので、警戒は解かない。


と同時に、何度でもだまされてしまう私が居る。


落ち着いている夫を見ると、今度こそこのままいけるんじゃないかと、心のどこかで思う。


最高の笑顔を見ると、「奇跡」と言いながら、次もまた同じ笑顔をみせてくれるかもしれない、などと思う。


こうして、往生際が悪いまま私は生きてゆくのだろう。





落ち着いてくると、次の行き先を探すのが、ワーカーさんの仕事だ。


昨年の9月に、一度話して、その後再び悪い波に飲まれてしまったので、ご破算になっていた。


落ち着いて来たとは言っても、今すぐに何処かの施設に移動出来るほど、状態が良い訳ではない。


ただ、申し込んでも、実際に入れるまでに数ヶ月掛かるので、早めに方針を決めておかなくてはならないと言う事は、以前言われていた。


ワーカーさんとしては、私の気持ちを確認しておきたいのだろう。




夫の現状は、未だ集団生活には馴染めない。


一人で歩かせると、ずっと歩き続けて、そばに居る誰かに近づいて手を握ったりするらしい。


車椅子に座っているときも、たまたまそばに来た誰かを掴んだりするとの事。


決して、暴力ではない。(と、思うんだけど)


でも、まだ若くて背が高く体力も力もある夫のその行動は、周りのお年寄りを怖がらせてしまい、万一の事故に繋がらないとも限らない。


施設や療養型の病院では、職員さんの数が、今の病院よりは少ないので、それでは困る、と言う事になるらしい。


それは、とても良く理解できる。


それならば、歩き続ける夫を、絶えず見守る目と手があればいい、と言うことかな。





ワーカーさんは言った。



いずれ、必ず枯れて行きます。施設や療養型の病院や有料のホームでは、その方が受け入れてくれやすいのです。



言われていることは理解できるのだが、何だか、変な感じを受ける。


感じたままを言ってみた。



何故、主人を入院させたかと言うと、本人の苦しみがマックスで、家で荒れてしまい、これ以上一緒には居られなくなったからです。

枯れて、大人しくなったら・・・・・・家で過せますよね。



もしかしたら、ワーカーさんは、私がそう言うのを待っていたのかもしれない。


ワーカーさんは、ちょっと笑いながら言った。


こういう事も出来ますよ。このまま1月、2月と引っ張って、春になって家のお仕事が一段落したら、一度在宅に戻るというのは如何ですか?


このワーカーさんは、以前から、もう一度在宅で、と言うことを勧めてくださる。


その訳は、「後悔してほしくないから」と言われる。


多くの家族を見てきたからか、それともご自身の何らかの経験が、そう言わせているのかは分からない。







断腸の思いで夫を病院に置いてきた日の事が、はっきりと私の脳裏に刻まれている。


今、再び、夫と家で暮らす在宅介護が視野に入ってきた。


大変ありがたい話だが、単純に喜ぶことが出来ない自分がいる。


なぜかと言うと、この7ヶ月ほど、私はあまりにも楽をしすぎてきた。


自宅での介護は大変だ。


振り返ってみると、良く出来ていたと思う。


どんなに大変な事でも、継続していると、意外と本人は大変さを感じないで過してしまうことがある。


「大変」な日々が自分にとっては「当たり前」の日常になってしまうからだ。


でも、一旦、その継続が途切れると、再び元に戻る体力気力を復活させるのは簡単ではない。


それ程、介護は大変な事だ。




もう一度、夫と共に家で暮らしたい。


あと一回だけ試してみたい。


そんな、最後の願いを実現したい反面、果たして自分に出来るのだろうかと言う、大きな大きな不安がある。


こんなにも楽な生活にとっぷりと浸ってしまった自分が、絶えず、夫のご機嫌を伺いながら暮らす、あの生活に戻れるだろうか?


大人のオムツ替えなんてやったことが無いけど、私に出来るのだろうか?


もたもたしている内に、夫のご機嫌が悪くなってしまうかもしれない。


山の様な洗濯物、飲み込みを考えての食事作り、などなど覿面に忙しくなってくる日常生活と仕事との両立は出来るのだろうか?


具体的な事象を考えれば考えるほど、私には無理だと思えてくる。










でも・・・・・


今が、最後のチャンスかも。



いや・・・・


無理は禁物。







春は、全力疾走でやってくるのだろう。






れんしゅう

メグちゃん、気がはやいよ!






コメント

後悔しない様に?どんな事をしても後悔は あります. と 思います。ので 迷っても momoさんの 信じる様に 進んでほしいです。枯れる? そんな言葉嫌い ワーカーさん 心がない でも仕事と割り切らなければ やりきれないのかも でも ワーカーさん好きくない  です

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |