FC2ブログ

プロフィール

Author:momo


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


FC2カウンター


フリーエリア

いつでも里親募集中

人生の肯定

日々面会に通う中、そんなに新たな話題がある訳でもない。




毎回、同じ様なことばかり話しかけている。




美味しい?


これはね、○○で買ってきたの。


今日は、朝から雨が降ってるよ。


今日は、良いお天気だよ。


来る途中、梅がいっぱい咲いていてきれいだったよ。


人がいっぱい歩いていたよ。


今日は午前中、○○○○してたの。


子供たちも頑張って仕事してるよ。


おばあちゃんに電話したら、元気だったよ。


この服良い色だね。お父さんの好きな色だね。


車の中でメグちゃんが待ってるよ。








こんなたわいない話の繰り返しばかり。


夫は、「そう」「うん」「おいしい」「よかった」などと答えてくれつつ、時折、気の利いた言葉を挟んで私を喜ばせてくれたりもする。










季節は、早4月。


また、結婚記念日がやってくる。


36回目だ。


そんな所から、話が広がっていった。





夫が歩いて来た人生は、ちょっと変わっている。


15年前にサラリーマンを止めて、廃業寸前の家業を継いだ。


周りの誰もが呆れた。


どうせ、ダメに決まっていると思われていた。


直ぐに潰れると思われていた。


でも、周りの予想に反して会社は潰れる事無く今に至っている。





ソファに並んで腰かけて、私は夫に話しかけた。


子供たちが頑張ってやってくれてるから、何も心配しなくていいよ。

でも、一番偉いのはお父さんだよね。

誰もやる人が居なかったのに、お父さんがサラリーマン止めてここに来たから今があるんだもんね。

お父さんが一番偉いよ。お父さんは凄いよ。

お父さんが居なかったら、とっくの昔に会社はなくなっていたんだよ。

お父さんが一番偉い!皆そう思ってるよ。本当に偉い!




と、さんざん夫を褒め称えた。




それに対し、夫は、こう答えてくれた。





そうか・・・・






そして、そう答えた夫の顔を見て驚いた。


とても嬉しそうに笑っている。


ほんの少し、涙ぐんでもいる。


そんな反応をしてくれるとは思っても居なかったので、私は逆にうろたえてしまった。


そして、ダメ押しに誉め殺し言葉を追加した。


そうだよ、お父さんは、本当に凄い人なんだから。

お父さんは偉い!本当に、今まで良く頑張ったよね。





夫は、ますます嬉しそうに笑った。


その笑顔は、自分の人生を認めてもらった嬉しさと、オーバーなまでに褒め称えられた気恥ずかしさに満ち溢れていた。








夫は、今でもきっと、認知症になってしまった無念を抱えていると思う。


何が何だか良く分からないけれど、何となく自分の人生に違和感を感じていると思う。






だから・・・・


そうじゃないよ、


ここに来るまでのあなたの人生は、本当に素晴らしいものだったのですよ、


と、肯定してあげたい。


一瞬でも、「そうだったんだ」と思ってくれたら、それでよい。


たとえ、次の瞬間に忘れてしまうとしても。





大丈夫、忘れても大丈夫。


毎日、毎日、私があなたの人生を肯定してあげるからね。





コメント

今日はウルウルです。
ご主人様には通じていますね。

私、もっと話せばよかったわ。
きっと、その瞬間は通じていたのでしょう。
momoさんがおっしゃるようにすぐに忘れてしまっても。

なんの反応が無くなった頃もむかし話、古い知り合いがくると目の光が違いました。


ベンジャミンさん、

こんにちは。

ベンジャミンさんは、きっと一杯一杯話しかけられたんだと思いますよ。

どんなに症状が進んでも、何も分からないんじゃないよと言うことを、私はベンジャミンさんから教えていただきましたもの。

あらゆる反応がなくなったとしても、まだ目で答えてくれるのですね。何だか、とっても凄いと思います。それが読み取れることも凄いです。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |