FC2ブログ

プロフィール

Author:momo


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


FC2カウンター


フリーエリア

いつでも里親募集中

赤ちゃん

何かと忙しい日々、6日振りに、面会に行くことが出来た。



どんな顔しているのか、期待も不安も抱かないことにした。


病棟の鍵を開けてくれたお姉さんが、「久しぶりですよね。旅行は如何でしたか?」と言われた。


実家に行って来る、と言っておいたのが、旅行になっていたけど、まあそんな事はどっちでもいい。


手を洗っていると、何時ものところに夫が居るのが見えた。


後姿も、傾き加減も何も変わらない。




看護師さんが車いすを押して、連れて来てくれた。


正面から向き合う。


夫は、私を見ると、直ぐに手を伸ばしてきて、「あ゛~」とも「お゛~」とも聞える大きな声を上げた。


その姿は、久しぶりに出会えた喜びに満ちているように見えた。


そして、それは、間違いではなかった。


夫は、周りの誰もがまだ言葉を発していない内に、自分からこう言った。


よかったぁ







夫はもう、私が自分の「妻」であることは分からなくなっている。(と思う)


momoと言う名前は、きっと覚えていない。(と思う)


でも、目の前に現れた、この人が、自分が一番会いたかった人だと言うことだけは、分かる。


それは、きっと「忘れる」とか「忘れない」とか、そんな言葉に置き換えられるものではなくて、「感じる」ものなんだと思う。





先日10ヶ月の赤ちゃんを連れた親戚が遊びに来た。


可愛い盛りの赤ちゃんを、散々抱っこさせてもらって、その柔らかい感触に癒された。


そして、思った。


夫も今、こんな、なんだ。


赤ちゃんは、言葉で「この人がお母さんだ。」と思って慕う訳ではない。


「お母さん」と言う言葉も「お父さん」と言う言葉も、知らない。


だけど、一番好きな人を知っている。


そして、その人といつも一緒に居たいと思っている。


夫も、そうなんだ。


「奥さん」だと理解していなくても、きっといつまでも一番好きな人で居てくれるんだと感じる。


それでいいよ。


夫は、今、赤ちゃん。



唯一違う事は、本当の赤ちゃんは、小さくて御世話がしやすいけど、この赤ちゃんは、大きすぎて取り扱いが困難だと言うこと。



認知症が神様からの贈り物だとしたら・・・・


神様、


もう一声、


身体も小さくならんかね・・・・



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |