FC2ブログ

プロフィール

Author:momo


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


FC2カウンター


フリーエリア

いつでも里親募集中

最近、ヒロくんにとってエスカレーターは、だんだんと恐怖の乗り物になって来た様です。 何時ごろからそうなったのか、あまり定かではありませんが、乗り降りの時にまるで幼児の様に恐々と足を踏み出すようになって来ました。


先日、掃除機と、ヒロくんにとっての必需品のCDプレーヤーが壊れたので、家電量販店に行った時の事です。

ちょっと脱線しますが、最近の電気屋さんは一昔前と違って、掃除機一つとってみても、あるわあるわ・・・・・何十台も並んでいて、殆ど知識ゼロの私は何をどう選べば良いのか、まるで浦島さんのごとく戸惑ってしまいました。

頼りになるのは、運転手代わりに着いて来てくれた息子ですが、流行の家電芸人に影響を受けた彼の視点と、ひたすら実用的であれば良いと思う主婦の視点はややずれていたりして、ほどほどの所で合意を見出し、漸くレジに向かった時には、店内には既に閉店の音楽が流れていました。


やや疲れましたが、ヒロくんがご機嫌が悪くならずに大人しく座っていてくれたのが救いでした。

買い物が終わったので、、、、さあ帰ろう。息子は、自分が買った荷物を抱えてさっさと先を歩いて行きます。

掃除機が入った大きな箱を持つのはヒロくんの仕事です。些細なお仕事でも、自分が家族の役に立っていると思える瞬間が少しでも沢山あると嬉しいですね。ヒロくんは得意げに重い掃除機の箱を両手で抱えて運んでくれました。

店内にはもう殆ど人は居なくなっていて、私達3人は急いで下りのエスカレーターへ向かいました。

ヒロくんと私がエスカレーターの乗り口に差し掛かった時には、息子が乗った段ははもう殆ど下までたどり着いていました。

急いで急いで・・・・急ぐ必要は全くないのに、何故か心が急いで急いでと思うのは、店内に流れる蛍の光のメロディのせいか、それとも単に私がせっかちなだけか・・・・多分、後者でしょうが・・・・


その時、私はまず自分が先にエスカレーターに乗りました。そして、その後、直ぐにヒロくんがいつもの様にゆっくりゆっくり足元を確かめるように乗って来るのを確認しようと振り向きました。

あ、ダメだ!

ヒロくんは、掃除機の大きな箱を、両手で抱える形で持っていたので、足元の段が全く見えないのです。何度も乗ろうと思って足を踏み出そうとしていますが、見えない階段には足が乗りません。

これは、大変!あぶない。

どうしようと思う間にも、私はどんどんと下へ下がって行きます。エスカレーターは止まってくれません。

私は、急いで逆走して、上に戻ろうとしましたが、上がっても上がっても中々ヒロくんの元へはたどり着きません。早く、戻らなくては。ど根性でダッシュして、漸くヒロくんの元へ駆け上がりました。


多分、ヒロくんは何故自分がエスカレーターに乗れなかったのか、何故私がエスカレーターを逆送しているのか、分からなかったと思います。

とにかく、私はヒロくんから重い掃除機の箱を受け取って、二人とも無事に階下へ降りる事が出来ました。めでたし、めでたし・・・・・


ヒロくんと外出する時は、それなりに危険予測しているつもりだったけど、まだ足りなかった。
もっともっと幼児のごとく目を配らなくてはなりません。そして、いつでも手が届く所に自分が居なくてはなりません。

本日の教訓でした。


コメント

すごい!

エスカレーターを逆送して上までのぼられたんですね。
すごい、すごい!
こんな冒険も介護あればこそ。

大変ではあるけれど、事故につながらなかったら良い思い出に変わることって多いですよね。
介護中のエピソードとして。

わお~!
あぶなかった
お怪我がなくて なによりでした
momoさんも 病気 お怪我されないように
お気をつけくださいね

上りは、まだ大丈夫ですが、下りのエスカレーターの第一歩に苦労するようになりました。必ず後ろに立って、落ち着いて乗れるようにガードや指示をしています。
階段の下りも、ちょっと恐いと言います。
妻の場合は歩道のない道路も危険です。最初は端を歩いているのですが、だんだんと真中に寄って行きます。
また雨降りの夜は、危険がいっぱいです。
気をつけたいですね。

ひきずらないでくださいね

私の先のコメントは、不謹慎な発言にとらえられかねないですが・・・

精神的不安定(もしあれば、ですが)と事故の危険が、認知症の人のお世話で1番しんどいですね。
介護している人のストレスがたまるゆえんです。
(私は、排泄の苦労は体験していませんが、これも大変なご苦労のようです)

私も結構母を外に連れだしていたので、こんなエピソードもありだろう、と思うのです。
事故はこわいので、じゅうぶんな気配りが必要ですね。
ひやり体験は、多くの人が似たようなことを体験していると思います。

介護は、やり遂げるまで心配事はついてまわるので、今回のことは長くひきずらないようになさってくださいね。

ありがとうございます!

この年になって、エスカレーター逆走と言う冒険が出来るなんて、介護していればこその特権(?)ですよね。

幸か不幸か、周りには誰も居なかったけど、外から眺めたらさぞ滑稽な光景だったろうと、可笑しくなりました。そして、まだ健在だった自分自身の火事場のくそ力にも笑えます。

mikiさん、大丈夫です。ひきずってないので、ご安心下さい。

かあ子さん、そうですね、私が寝込んだら我が家崩壊なので、気をつけます。

次からは、のんた2号さんを見習って、先に主人を乗せることにしてみます。他の歩行にも更に気を配るようにします。


皆様から色々教えていただいて、勇気百倍、これからも年を自覚しつつ、ほどほどに頑張ります!

はじめまして

何事もプラス思考で、頭が下がります。
私もなるべく深く考え過ぎないように、パパと向き合って行こうと思います。
「泣いても、笑っても、同じ1日、笑った分だけ、幸せになれる」と、書いてあるカレンダーを見て、そのとおりと思いました。
これからも頑張ってください。

ヒカリさん

はじめまして。コメントありがとうございます。

プラス思考、と言うより、頑張ってプラス思考する事によって、ほんのちょっと元気が出ると言う感じでしょうか・・・・日々が自分との戦いです。

パパさん共々、どうぞお元気でお過ごし下さい。またお立ち寄りくださいね。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP |