FC2ブログ

プロフィール

Author:momo


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


FC2カウンター


フリーエリア

いつでも里親募集中

びっくり

生きていると、時々、凄くびっくりする出来事に遭遇することがある。


振り返ると、びっくりする事だらけの人生だった様な気がしないでもないけど、今日もまた、びっくりした。


昨日まで、肺炎の行方がはっきりしないための様子見が続いていて、果たしていつ家に帰れるのか、本当に帰れるのか、と気をもんでいた。


今日、いつもの午後、面会に行った時、内科のA先生が病室へ入って来られた。


「肺炎は治ったと判断しました。」


えーーー!びっくり!!だ。


胸を割って見る訳には行かないけれど、血液検査の結果では、完治したとの事。


あんなに溜まっていた胸水も、殆ど無くなっているらしい。


今更ながらに、夫の体力に感服する。





こんな日は、実にタイミング良く、帰り際にワーカーSさんとばったり出会ったりする。


A先生との話を伝える。


肺炎が治った、と、言われたと言うと、Sさんもびっくり。


「御主人の体力は凄いですね。」と。


こうなると、早回しの様に事が進む。


明日午前中、A先生が情報提供書を書いてくださる。


私が、午後の面会時にそれを受け取る。


それを持って、Iさんと訪問看護師さんと、我々家族3人が、夕方、往診医の先生に会いに行く。


同時に、ベッドと痰の吸引器が家に運び込まれる。


土曜日、精神科のM先生との面談。


状況が変わらなければ、週明けの月曜日に退院する。



ひぇ~~!


えらいこっちゃ!!



一体、いつ退院できるだろうと思っていたのが、この急展開。


全く、びっくり、びっくりだ。




もう一度、家に連れて帰れる喜びと共に、今、私の心の中は、不安と心配でいっぱいだ。


肺炎が治ったと言っても、健康体に戻る訳ではない。


認知症は、終末期に入り、肺炎は必ず繰り返す、と。


ここからは、命の長さではなく、密度の勝負だ。


好きな物をいっぱい食べて、いっぱい、いっぱい食べて・・・・


後は、夫の選択に任せよう。





何とかなるよね


夫の横で、独り言を言った。


すると、



そっ!


夫が、力強く、そう言ってくれた。




また、びっくりした。




コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |