FC2ブログ

プロフィール

Author:momo


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


FC2カウンター


フリーエリア

いつでも里親募集中

一日だけ

昨日の出来事は、私の心の中で、しつこく尾を引いてしまっている。


考え方の違いはあって当然、医師としての見解は、納得は出来ないけれど理解は出来る。


で、おそらく今後はお目にかかることが無いと思うので、それで、良いではないか。


なのに、いつまでも心が晴れない自分が、嫌になる。


何で、このタイミングで、あの先生に会ってしまったのだろう、などと思う。


因みに、一緒に行った長男はこう言った。


あの先生は、ないでしょう。一応白衣は着てたけど、よれよれのGパンに、素足にサンダル履き。足の爪が真っ黒だったよ。


しゃべり方も、ため口だし。この前の救命センターの先生や、K2病院の先生とは、質が違うね。



そう言えば、先生は、初対面のケアマネさんにいきなり「あんた誰?」と聞いた。


紹介状の内容が不備だからと言って、その場でK2病院に電話をかけ、ワーカーSさんと話していたけど、何だか上からの物言いで、聞いていて気分が良くなかった。


考え方の違い以前の問題が一杯あった事にも気がついていた。



ま、仕方ない。


これも、何らかの訳があるのかもしれない。


もう少し、熟慮せよ、と言う神様の啓示だろうか。


とはいえ、周りの方々の素早い手配で、予定通り月曜日の退院となっている夫ではあるが、何故か、引っかかる。


それは、次の先生とお会いできるのが、退院の日の夕方、である事だ。


つまり、既に帰ってきてから、新しい先生に出会うことになる。


訪問看護師Oさんが、今度の先生は大丈夫、と言ってくださっているのだが、(なら、最初からこの先生にして欲しかった、と言う密かな思いは内緒)なにしろ昨日の衝撃から立ち直れて居ないので、疑心暗鬼になっている。


お医者さんとは相性と言うものがある。


夫との最期の時間に関わってもらうのは、出来るだけ私と相性が良い方を望む。


気分良く、夫の最期を看取ってもらえる先生が欲しい。


万一、退院後に初めてお会いして、相性が悪いと感じたら、どうしたら良いのだろう、と言う心配が拭えていなかった。


また、別の先生を探してくださいとは、ちょっと言い難い。


モンスターだと思われても嫌だし。




そんな心配を抱えつつも、月曜退院は今更動かせないと思っていた。


そのつもりで、病院側も動いてくれているのだから。


そして、今日は予定通り精神科のM先生と面談があった。


M先生は、ワーカーのSさんから聞いて、昨日の顛末をご存知だった。


私は、その後の急展開を話して、予定通り月曜日に退院することを告げた。


M先生が言われた。


「そんなに急がないほうが良いと思いますよ。やはり、退院前に先生と会って、ご家族の気持ちをしっかりと伝えた方が良いです。

こちらも、これから紹介状を書きますので、それを持って、先生と話してください。そして、本当に受けてくれるかどうかを確認してからの退院にしましょう。もしダメだったら、また別の先生を探してください。退院は、いつもで大丈夫ですから。

もし、この病院に遠慮しておられるなら、そんな必要はありませんよ。」



この病院の先生、看護師さん、ワーカーさん、


皆、本当に優しい。


私の考え方、私の気持ち、もうしっかりと分かって下さっている。


一年間入院しても、薬の調整が出来ないで、超問題児君だった夫。


そんな夫を強引に連れて帰った、頑固妻。


結局、また戻ってきた私たち。


何だか・・・・迷惑ばかりかけている気がする。


だけど、皆、何でこんなに優しくしてくれるんだろう。


何で、私の気持ちに、こんなにぴったりと寄り添ってくれるんだろう。


退院しても、また訪問看護に来て、出来ることは何でもします、と言われた。


もう、涙がでそうだ。




そんな訳で、夫の退院をとりあえず一日だけ延ばすことにした。


月曜日、先生と出会って、それで良ければ、火曜日退院だ。




お父さん、一日だけ延びて、ゴメンネ。




コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |