FC2ブログ

プロフィール

Author:momo


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


FC2カウンター


フリーエリア

いつでも里親募集中

梅雨時にしては、珍しい爽やかなお天気だった。

午後2時半、夫は、ストレッチャーに乗ったまま、介護タクシーで再度の帰宅を果たした。


道中は、とても大人しくしてくれていたので、楽だった。


フカフカのエアマットが敷かれたレンタルベッドに、順調に収まってくれた。


点滴も外され、余計なものは何も身体についていない、素のままの夫だ。





帰ってきた




夕方5時、Iさんと、待ちに待った訪問看護師Oさんが来てくれた。


何を待っていたかと言うと、口からの食事だ。


Oさんに、吸引器の使い方を習い、簡単な口の中の吸引だけやった。


そして、いよいよお食事タイム。


ゴックン、出来るかどうかに、夫の命がかかっている。


用意しておいたOS1のゼリーを、小さなスプーンに少量入れて、口へ運ぶ。


夫は、威勢よく口を開けて、3週間振りに食べ物にありついた。


皆で、じーっと夫の喉を見る。







ゴックン





夫の喉仏がはっきりと上下に動くのが見て取れた。


感動の一瞬だった。


夫の命が繋がる瞬間を見た。


と、同時に、ほらね、やっぱり食べられたでしょう、と思った。


夫は、まだまだいくらでも食べられそうだったが、今日は初日なので、ほんの100cc程で、お食い初めはお開きとなった。


専門家の目が無ければ、もっともっと食べさせてあげたかったが、ここはぐっと我慢しよう。


慌てずあせらず、少しずつが良い。


明日からも、まだまだ山ほどの課題が出てくるであろう、再びの在宅介護。





ま、何とかなるわ。










コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |