FC2ブログ

プロフィール

Author:momo


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


FC2カウンター


フリーエリア

いつでも里親募集中

受話器からは、Sさんの甘い誘惑が続いている。
奥様は、本当に良くやってこられました。

前回の退院の時も、私たちは2.3日で、戻ってこられるかもしれないと思っていたのに、あれだけ長く頑張られました。

ここで一度お休みしましょう。また、以前の様に、御主人の好きなお八つを持って面会に来て下さい。それだけで、充分ですよ。

以前も言いましたが、病院では、温かい環境で守られています。もし、来るのが辛ければ、暫く来なくても大丈夫です。

一晩中大きな声を出されたのでは、奥様も息子さんたちも参ってしまいます。ゆっくり休んで、また気力が戻って、出来る様になれば、お家に連れて帰れば良いのです。

それが無理なら、次に移れるところを、私が探しますから。

ね、ここで一度休みましょう。私たちは、ご主人も大事ですが、奥様やご家族も大事なんです。








負けた。


私は、Sさんの誘惑に負けた。


疲れ果て、気弱になっていた所に、タイミング良くかけられた優しい言葉に、抗うことが出来なかった。


分かりました。じゃあ、お願いします。


これで、夫は、三度K2病院へ入ることになった。


それじゃあ、明後日、皆で待ってますからね。


と言う、Sさんの優しい言葉を最後に、受話器を置いた。


何と言う結末だろう。


誰が想像できただろう。


最初に退院した5月10日から、まだ3ヶ月も経っていないのに、何と言う激しさだろうか。


だけど、私はある意味ほっとしていた。


これでまた、解放される。


自分の都合で動ける。


真っ先に母の所に行こう、などと考えた。


と同時に、入院したからと言って、決して自分の心が楽にならない事も知っている。


新しい画期的な治療法が見つかった訳ではない。


夫に合いそうな薬が用意されている訳でもない。


今回、Sさんが執拗に入院を勧めてくださったのは、私のため、息子のため、である。


家族をつぶさない為に、夫を引き取って下さるのだ。


だから、夫にとっては、不本意な入院である。


もちろん、本人にその自覚は無いが。











夕方、仕事から家に戻った。


夫は、私が着せた洋服を着て、私が座らせた車椅子に座り、私がブレーキをかけたその場所に、そのままいた。


何もかもが、私にお任せだ。


2日後に、またまた入院させられること等知る由も無い夫は、少々の罪悪感に囚われている私が用意したお肉を、パクパクと食べた。


あ~、こんなにお肉を食べたら、また元気が出て暴れるだろうな・・・・・


だけど、いいんだ、明後日入院するんだもん、私は解放されるんだ、


そんな事を思った。


私は夫に話しかけた。


心の中の、「ゴメンネ」は口に出さずに、寝室よりもリビングの方が良いだろうと言う意味で、


ここが良いよね


と言った。




すると・・・・・








ここが、いちばん、いい





!!!!!!!!!!!




なに?????



もう、殆どの言葉を失って、「うん」とか「そう」しか言わなくなっていたのに・・・


調子よく言葉が出ても、怒った時の「バカ」位だったのに・・・・



ここが、いちばん、いい・・・って?


ここが、一番、良い・・・・って?




何と言うタイミングだろうか。


私が、入院を決めたその時に、「ここが一番良い」って言うか?


3つも単語を繋げて、文章にするか?


そんなに意味深い言葉を言うか?






この一言は、強烈だった。




続く・・・・



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |