FC2ブログ

プロフィール

Author:momo


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


FC2カウンター


フリーエリア

いつでも里親募集中

師長さん

看護師長Jさんは、今年の11月で定年になると言う。

その後は、今の病院に所属したまま、訪問看護を主たる仕事とされるらしい。


精神科全般の訪問看護は、過去にもあったらしいが、認知症の患者さんに対する訪問は、我が家が第一例だったとの事。


その後、退院後在宅へ戻られた方2人と、外来に通っている方1人、都合3件の訪問看護をされている。





認知症の家族を介護している者にとって、特養やグループホーム、有料ホームなどの施設への入居は、一つの心のハードルを越えなくてはならない。


まして、精神科病院への入院は、聳え立つような壁を乗り越えなくてはならない。


人それぞれだから、一概には言えないけれど、


私に限って言うと、片方に殺人、心中、と言う言葉があって、その対角線に精神病院があった。


流石に、事件を起こす訳には行かないから、とうとう入院させた。


私にとって、精神科への入院は、それほど別世界だった。





そんな別世界のJさんとも、いつの間にか仲良くなった。


Jさんは、仕事をてきぱきとこなす、やり手の看護師さんタイプの方だ。


使命感に溢れる引き締まった顔で、決して愛想は良いほうではないので、初めの頃は(内緒だけど)ちょっと苦手だった。


面会を重ねる度、また、在宅で訪問を受ける度、Jさんと話す機会が増えて行った。


Jさんは、私の話を、いつもいつもじっくりと聞いてくれた。


何をしゃべっても、どんなおかしなことを言っても、否定されない。


長年精神科の看護師さんをしてこられて、患者はもちろん、沢山の家族と接して来られたのだから、私の心の中は、きっとお見通しなのだろう。





そんなJさんに、一度だけ怒られた事がある。


それは、私が、ここ数年、健康診断に行っていない、と言った時。


健康診断、行ってください。

行かないとダメですよ。

ご主人の事は、辛いだろうけれど、受け入れて行くしかないです。

だけど、奥さんは、自分の事を考えないといけません。

息子さんたちは、お母さんの事を本当に心配しているんですよ。

これから先、お父さんを見送って、その後、お母さんには、元気で生きていって欲しいと願ってるんですよ。

そのためにも、お母さんが元気でないとダメでしょう。

この先、孫が生まれて、おばあちゃんにもならないといけないでしょ。

自分が元気でいないといけないんですよ。

健康診断、行ってください!






怒られながら、嬉しかった。


きっと、私にお姉さんがいたら、こんな風に怒ってくれるんだろうと思った。



Jさんは、こうも言った。


奥さんは、自分の楽しみを見つけてください。

自分には、これがある、と思えるような何かを持つことはとても大事です。



そして、Jさんは、ご自身の長年の看護師生活の事と、定年近くなって見つけた楽しみについて聞かせてくださった。




今のところ、気合を入れないと、足が向かない病院だけど、病棟に入ると、ついJさんを探してしまう私です。



002sora.jpg
今日も、青空


003goya.jpg
ゴーヤがはじけました




コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |