FC2ブログ

プロフィール

Author:momo


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


FC2カウンター


フリーエリア

いつでも里親募集中

笑顔

夫は、ベッドの上で胴体と両手を拘束されていた。


いつもと同じ光景だ。


動きが激しい足は、ベッドの柵の上にかかっている。


これもいつもと同じだ。


この光景にも・・・慣れた。


良いことなのか、そうでないのか、分からない。


でも、私にとっては、きっと良いことなのだろう。


初めのころのショックを、毎回感じていては身が持たない。


人間、上手くできている。


しっかりと目を閉じている夫に向かって、「お父さん、お父さん」と呼びかけてみる。


夫は、目を開けた。


そして、「よかった、よかった」と言った。


この時点で、ちょっと嬉しい。


いや、ものすごく嬉しい。


看護師さんが、二人がかりで車椅子に座らせてくれた。


移乗の最中、夫は不機嫌を露にして、大きな声を出した。


いきなり訳が分からない事をされたのだから、不安と恐怖で一杯なのだろう。


車椅子に移って暫くも、不穏は続いて、目の前の男性看護師さんにパンチを食らわした。


でも、その後は、直ぐに落ち着いて、いつもの様に、持って行ったお菓子を凄い勢いで食べた。


今日も、調子が良さそうだ。


家から持って行ったお気に入りのCDが、ベッドの脇で、繰り返し流れている。


車椅子に座っている夫の真横で、向き合うように座って、色々、話しかけてみる。


家の事、息子たちの事、会社の事、一杯話しかけた。


うん、

そう、



タイミング良く言葉を返してくれる。





面白いことがあった。


A(長男)とT(次男)がね、まるで申し合わせたように結婚したんだよ。(本当は、同棲だけど、分かりやすく結婚と言っておいた)


そう


夫は、しっかりと目を見開いて、ちょっと考えるような顔をして、そう言った。


分かったのかもしれない、と感じた。


可愛いお嫁さんだよ。


そう


会ってみたい?


そう、とか、うん、とか言うだろうと思っていたら、夫は、何と、こう言った。



どうでもいい


可笑しかった。


大笑いした。


夫と向かい合って、本気で笑ったのは、久しぶりだ。


今日の夫は、とても調子が良い。


所々で、ほんの少し頬が緩む。


「笑顔」だ。


再び、夫の「笑顔」が見られるとは思っていなかった。


お気に入りの音楽と、夫の「笑顔」を見ていると、私の病気がぶり返した。


お父さん、もう一回、お家に帰ろうか。


夫は、今度はこう答えた。


かえる






もしかしたら、薬の効果が現れてきたのかもしれない。



立ち去りがたい思いで、病室を後にした。


この後、夫は再びベッドに拘束される。








いいこと004





コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

読んでいて涙が出ました。
よかったですね・・
心が通じ合えた瞬間ですね。
どうか、一回でも多く そんな瞬間が訪れますように。

私も…

涙が出てきました。

ご主人、ちゃんと分かってらっしゃるんですね。
お二人に、たくさんの幸せの瞬間が訪れますように。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |