FC2ブログ

プロフィール

Author:momo


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


FC2カウンター


フリーエリア

いつでも里親募集中

昨日の話

新しい電気かみそりを持って、面会に行った。

いつもより少し遅めの、3時半頃病棟に着いた。


ざっと見回しても、夫より古株の顔は見当たらない。


皆さん、それなりに落ち着いて、次の居場所に移ったんだな。


馴染みの顔が居なくなる傍ら、新しい顔がひっきりなしに増えて来て、この病棟のお客さん(?)がいなくなる事はない。


明らかに、私よりも若いと思える女性が居た。


髪の毛は真黒だ。


白髪なんかない。


その黒髪が、何だか、哀しかった。








病室へ入ると、夫は胴体と両腕を拘束されて、眉間に皺を寄せた苦しそうな表情をしていた。


どうしてまた、両手の拘束が復活したのだろうかと思った


外してもらおうと思って、看護師さんの姿を探したが、今日は何故だか人が少ない。


PCに向かっていたり、他の患者さんの相手をしていたりで、中々声が掛け難い。


ま、このままでも良いかと思って、そのままベッドの背もたれを起こした。
(本当は、勝手に動かしてはいけないらしいけど・・・ま、いいか


持って行ったスイカを食べさせながら、看護師さんに声をかけるタイミングを見計らった。


馴染みの看護師さんが居たので声をかけて、手の拘束を外してもらうように頼んだ。


看護師さんは、言った。


「あれ?拘束してますか?あ、そうか・・さっき髭剃りしたので、そのままになっているのかもしれません。」


必要に応じて拘束をかけるのは仕方が無いとして、


ひぇ~!外すのを忘れられていた?


な、ばかな


何て、可愛そうな・・・・夫


私が行かなかったら、いつ気が付いてもらえたんだろうか。




気を取り直して、




夫は、両手の拘束を外してもらって、その後車椅子に移乗させてもらった。


久しぶりだ。


移乗のときは、やはり、何をされるんだろう?と言う顔になったが、無事に座る事が出来た。


いつもは、そのまま病室の中でお八つを食べさせる。


でも今日は、看護師さんが、「ホールに行ってみましょうか。景色が変わったほうが良いでしょう。」と言われて、連れて行ってくださった。


今回の入院で、私は初めて夫と一緒に病室の外へ出た。


景色が変わり、雰囲気が変わって、夫が不穏にならないか心配だったけれど、それは全く杞憂だった。


車椅子に座った夫は、とても穏やかな良いお顔だった。


お八つを食べ終わった後、廊下をお散歩した。


昨年の入院の時は、夫と手を繋いで、この廊下を何回も何回も歩いていた。


今は、車椅子になってしまったけれど、こうして再び一緒にお散歩する事が出来て、この上ない幸せを感じた。


廊下の端まで行って、一緒に窓の外を眺めた。


青い空に白い雲が浮かんでいる。


空が見える?


返事はしてくれない。


だけど、私は満たされていた。


おじいさんが一人近づいてきて、「たいへんですね。」と言った。


私は、「そうですね。」と答えた。


夫は、おじいさんが居ることなど、感じていないように見える。


何度も廊下を行ったりきたりしていると、先の看護師さんが、様子を見に来てくれた。


どうですか?


調子良いですよ。良い顔してます。


看護師さん、夫の顔を覗きこんで、


○○さん、奥さんと一緒で良いね。


そうだよ


夫の顔が柔らかい。


あ、笑ってる。


看護師さんと私は、顔を見合わせて笑った。


○○さんは、ハンサムだから、笑ってるほうが良いよ。

笑ってると奥さんが喜んでくれるよ。

仲良し夫婦だね。






夫が笑った。




皆、笑った。



その後、ベッドへ戻った夫は、私が帰るまでずっと「良いお顔」で、目と口の動きで、自分の思いを表現してくれた。


その目は、病気になる前の、ひょうきんだった夫の目と同じだった。


ちょっとふざけた時、この目をしたのだ。


名残惜しかったけれど、穏やかに目を閉じた夫を残して、病室を後にした。






もう良い事なんかある訳がないと、決めつけていた(決めつけようとしていた)けれど、もしかしたら、そうでもないかも・・・と思えた。




いや、油断は禁物だ。


今日のこの時間は、たまたま調子が良かっただけ。


そう思っておこう。


何とも臆病になってしまった私。


だけど、今日は、とっても幸せだったから、それでいい。









コメント

こんにちは                                             今日は とっても良いお話で私も嬉しくて・・・・・                          まだまだ 嬉しい奇跡は起こりそうですね。ファイト!                         癒し犬メグちゃんにも ファイト! 

油断して、また辛くなるのが怖いんですよね。
今までそうやって、辛くなることがイッパイあったから。
だから、自分からブレーキをかけて・・
なんだか悲しすぎます。

でも今日は、嬉しい一日でしたね。
次も、その次も 嬉しい日が来ますように。

44E355 さん、

ご無沙汰しました。お元気でしたか?

読んで頂いている方が嬉しくなるような記事が沢山書けると良いのですが・・・・


メグちゃんにたっぷり癒してもらいながら、いつか奇跡の記事が書ける事を願ってます。

おばあちゃん共々、どうぞお元気で!


まっちさん、

そうなんです。奈落に落ちるのが嫌だから、初めから奈落に居よう、と言う発想は悲しいですよね・・・v-390

ぼちぼち、頑張ります!

momoさん

頑張らなくて良いんですよ。
だって、momoさんは今までずっと頑張って来られたんですから。

自然に行きましょう。
嫌なものは嫌だし、嬉しいものは嬉しい。
それで良いのだと思います。

頑張ると疲れちゃうんですよねぇ。
続かないです。
私は、これからも”のらくら”とやって行きますわ。 (;´д`)トホホ…

まっちさん

私も”のらくら”ですよ。

頑張っても頑張らなくても、あれこれ考えても考えなくても、主人の状況はもう何も変わらないと思うので、ここまで来たら逆に気楽な部分もあります。

一日も早く、本人が楽になれる日が来るのを願うだけです。
眉間の皺は、出来れば見たくないのでね。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |