FC2ブログ

プロフィール

Author:momo


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


FC2カウンター


フリーエリア

いつでも里親募集中

あかね雲

ソーシャルワーカーSさんと、久しぶりに話し合いを持った。


夫の状態は、安定している。


「安定している」と言えば、聞えが良いけど、超低空飛行での安定だ。


相変らず24時間胴体拘束、時間帯に寄って両手の拘束は外されるけれど、基本は拘束だ。


これが7月23日の入院以来、ほぼずっと続いている。


これを「安定」と呼ぶ私も、随分肝っ玉が据わってきたもんだと、呆れる。


だけど、この現実を受け入れる以外に生きる術が無い身としては、肝っ玉を据わらせることの他に出来ることが思いつかない。


この所、私が面会に行っている1時間ほどの間は、表情は様々だけど、入院直前の在宅での頃の様に、激しく怒ったり、大きな声を出したり、手を振り上げたりすることは、ない。


苦悩の表情が玉に瑕だけど、面会時の夫は、私にとっては、とても、とても、お利口さんに見えるのだ。


動きが激しい故の、胴体拘束は、仕方がないと思っていたけれど、両手の拘束は何故なんだろうか。


それを、Sさんに聞いてみたかった。


御主人の場合は、本当に動きが激しいので、両手が動くと、体が捻じれて危険があると言う事で、上肢の拘束になっています。

食事の時は、手で食器を払いのけたりする事もあるので、拘束します。

職員は、時間によって動かなくてはならないので。



結局は、それなんだと思う。


夫の為だけに、誰か一人がずっと付いて見守りが出来れば、拘束は必要ないのだろう。


在宅で、私かヘルパーさんが、必ず夫の傍に居た時は、どんなに動きが激しくても、拘束は必要なかった。


と言っても、拘束されていなければ、夫が穏やかに過せるのかと言うと、そうではない。


自由に歩き回っていた時が幸せだったか、と言うと、そうではない。


今の夫は、拘束があるなしに関わらず、良い時は良い、悪い時は悪い。


倒れるまで歩き続けるのと、物理的に動けなくされているのと、どちらが良いか、あまりも悲しい究極の選択だ。


ひたすら歩き続けていた時の苦悩の表情よりは、今の方がましかもしれないけど、


何処にいても、何をしても・・・・・切ない。







話題が変わった。


これから先の事なのですが、やはりK3病院がご希望ですか?


昨年の入院の時から、退院後の次の居場所としてK3病院の名が挙がっている。


療養型の病院であるK3病院は、何年か前に初めて病院めぐりをした時に、とても好印象を受けた病院だ。


Sさんが、K3病院に打診されたところ、拘束はしない、その為に万一の怪我も起こり得る、そう言う事を了解の上でなら引き受けられる、との事らしい。


もう一つの可能性として、Sさんが言われるのは、有料老人ホームへの入居だ。


今よりは、もう少し手厚く見られると思うので、その気があれば探してみると言われた。


療養型の病院?


有料老人ホーム?


夫は、この先、何処へ向かってゆくのだろう。


考えなくてはならないことが、色々ありそうだ。


だけど、私の勘では、そんなに早く次の居場所へ行かなくてはならないほど、夫の状態が落ち着くことはないだろう。


きっと・・・このまま来春を迎えるに違いない。


Sさんが言った。


奥様がどうしたいかと言う事を考えてみてください。




私がどうしたいかって?


それなら簡単だ。


になったら、また家に連れて帰りたいです。


どうしたいか、って聞かれたから、想いを伝えて帰ってきた。







に帰り着いたら、きれいなあかね雲が待っていた。

あかねぐも




そして、メグちゃんもじっと待っていてくれた。

おそい







コメント

>春になったら、また家に連れて帰りたい

願いが叶うと良いですね。。

私なら療養型の病院に入院してもらうべく、手続きをお願いすると思います。
今だって、お金さえあればケア付き老人(ではないけど)ホームに入れてしまうかもしれません。


夜、起こされるの嫌です。
自分の時間を持ちたいです。
楽をしたいです。

家に帰って状態が良くなるなら、連れて帰るかもしれません。
でも、見ていて辛い思いをするくらいなら見える所に居ない方がいいです。

↑これは、あくまでも私の考えです。

結局は、私は自分が大事なんです。

まっちさん、

こんにちは。いつもコメント、ありがとうございます。


私も、自分が大事です。

地獄の介護道を歩き続けるには、自己犠牲とか夫婦愛とか、そんな甘っちょろい綺麗事では、とても乗り越えられません。

最後までやり遂げるには、関わる家族それぞれが、自分を一番大事にして、自分の人生をしっかりと生き抜くことが大切ではないかと思います。

と、「言葉」で書くと簡単ですが・・・・・




朝夕冷え込んで来ましたね。

栄養のある食事と充分な睡眠を取って、風邪など引かない様に、気をつけたいと思います。

そんな目の前の小さな事が、意外に、自分を大切にすると言う事なのかなと思う昨今です。

まっちさんも、どうぞご自愛下さい。

時々ですが「自分は情の薄い間なのかな?」と自問することがあります。

一番たいへんで辛いのは旦那だと頭でわかっていても、責める自分がいます。
大変な想いをしているのは、あなただけじゃないのよ!と。

まだ、半年なのになぁ。
これから、いつまで続くんだろう?と思うとウンザリします。
だから、なるべく考えないようにしています。

まっちさん

4年前に初めてデイに通い始めた頃、ケアマネさんから「一番大変なのはご主人です。」と言われました。

事実には違いないけれど、「あ~ぁ、介護のプロであるケアマネさんでさえ、私の気持ちは分かってもらえないんだわ。」と、ショックを受けました。

その時の私は、本人よりも、傍で看なくてはならない私の方が、もっともっと大変だと思っていましたから。

主人に対して、酷い言葉も一杯一杯言いました。心の中で、「もう、死んで!」と願った事もあります。面と向かって「もう」まで言って、その後の言葉を辛うじて飲み込んだことも。

本当に残酷な病気です。本人は元より、家族の人生も変わってしまいます。

でも、悩み、苦しみ、絶望し、それでも仕方がないから生きているうちに、きっと何かが変わってきます。

人の心は、ずっと同じ所には留まりません。




まっちさん、

まだ半年なのに

じゃなくて、

まだ半年だから   







こちらは夕方から雨になりました。

メグちゃんの温もりが、ますます嬉しい季節です。今夜も、ぎゅっと抱きしめて眠りますね。v-410




コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |