FC2ブログ

プロフィール

Author:momo


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


FC2カウンター


フリーエリア

いつでも里親募集中

日光浴

道中の紅葉が、日を追うごとに美しさを増してくる。


ありがたいことに、夫の調子の良さは続いている。


うっかりすると、今度こそ奈落への落とし穴が口を閉じた様な錯覚を覚えてしまい、自分を戒める。


いやいや、そんな事はある訳が無い。


これは、過去に何度も何度も騙されたフェイントだ。


油断は禁物だ、と。


そうは言っても、目の前の夫が穏やかで居てくれるのには、本当に救われる。


24時間胴体拘束は継続しているが、私にとって平穏な時間が流れている。


作業療法士のお姉さんが居る時は、いつも一緒に歩く。


だんだんと距離が伸びて来た。


足取りもしっかりとして来た。


先日、師長さんと話していた時、歩かない事と、日光に当らない事で骨が脆くなると言われた。


本当は、今日の様な暖かい日には外へ連れ出したい気分だ。


だけど、あまり急激な変化は、ちょっと怖いので、「行って来ていいですか?」と聞くのが躊躇われた。


南側に面した大きなガラス窓からの秋の陽射しが眩しい。


そうだ!ここで日光浴をしよう。


何て良い考えが浮かんだんだろう!と、嬉しくなった。


幸いホールには誰もいない。


閉められていたカーテンを、さっーーと(本当は静かに)開ける。


ぎらぎらとした太陽が眩しい。


ホールの床には、陽の光が長く差し込んできた。


夫が乗った車椅子を、あっちこっちに移動して、出来るだけ陽が当る位置を探した。


よし、ここで良い。


膝から下の細い細い素足に、秋の陽を当てる。


この細い足が、太陽の光を浴びたのは、いつ以来だろう。


そう思うと、何だかとても切なくて、私は夫の棒の様な足を何度も何度も撫でた。


残念ながらガラス越しの光では、ビタミンDは生成されないらしい。


今度は、きっと、外に連れて行ってあげるからね。





日光浴










コメント

秋の陽射しを浴びてメグちゃん
キラキラしてますね 

それからmomoさんの今日のブログ暖かい温もりを感じました

〇ふくちゃん さん、

こんにちは。

主人は、アウトドアが大好きで、元気だった頃は、良く日光浴をしていました。

今、私はこんな些細な事しか、主人に対してしてあげられる事がなくなって、あ~・・・もっともっと一緒にお出かけしておけば良かったなと思ってます。

〇ふくちゃんさん、どうぞお元気で!

車椅子のご主人の後ろをガラス越しの おひさまを浴びながら 一緒に歩く。

それだけでも幸せを感じられれば良いと思います。

おやじサーファーだった友達の
ご主人、昨年の10月頃迄 波乗りをしていたのに 今年3月 帰らぬ人になってしまいました。

あれから8ヶ月。今でも1人になると 泣いちゃうヨって言ってましたが 頑張って生きています。
詳しい事は 未だ伝えていないのですが 私の事を心配してくれて優しい言葉をかけてくれて
不覚にも涙がポロポロ(>_<)
場所はディスコ!!(笑)

今の若者達の行くクラブじゃあ無い所がチョット素敵でした。

だから、いいんです!
今、出来る事を精一杯出来る事に幸せを感じられれば。って
生意気な事を書いてスミマセン。
生きて居るだけで良しと 思わねば。って心境にいまだに思えない私がここに居るのですが(笑)

〇ふくちゃん さん

こんにちは。

人生、いつ何処で何があるか分かりませんね。お友達の辛さ、〇ふくちゃんさんの辛さ、皆違うけど、同じ時間を一緒に過す仲間が居る事は幸せです。ディスコで、って・・良い感じです。v-410


仰るように、「今、出来る事を精一杯出来る事に幸せを感じられれば。」って、その通りですね。特に、思うに任せぬ過酷な日々を生きなくてはならない人間にとっては、それに尽きると思います。


理屈、建前、見栄、意地、強がり、

そんなものが何も無いところで、生きてるだけで幸せ、って心底素直に感じられたら、それは本当に幸せでしょうね。

確かに、穏かな夫と日光浴している、その瞬間の私は、幸せを実感しています。

ただ、それじゃあ、今生きている夫は幸せなんだろうか、立場を変えて、私がその立場だったら、生きているだけで幸せって思うだろうか・・・・

こんな雑念が大部分を占めている、俗人の私です。

でも、まあ、それでも良いかな・・と。あまり難しく考えないで、ほんの少しでも幸せな瞬間があるなら、それで良いかな・・・と。


コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |