FC2ブログ

プロフィール

Author:momo


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


FC2カウンター


フリーエリア

いつでも里親募集中

今年も、喪中葉書が何枚も舞い込んでいる。


91歳、93歳、95歳、96歳


88歳の文字が、とても若く感じる。


一昔前は、人生50年と言われていた気がするが、日本はいつの間にか、随分、長寿社会になったものだ。




葉書に書かれたお名前を眺めながら、96年間もの長い年月を、このおじいちゃんはどんな風に過されたのだろうか、と思いを馳せる。







そして、又しても、夫の嘗ての言葉が蘇ってくる。


「長生きすることが良いんじゃない。短くても良いから、やりたいことをやって充実した人生を生きる事が良いんだ。」


夫の信念とも言えるこの言葉。






私は今、夫が生きていてくれることで、どんなにか私自身が生かされているかと思う。


一時の激しい苦しみが、既に夫の上空を通過したのなら、出来るだけ長く生きていて欲しいと願う。






だけど、夫自身はどうなんだろう。


今ではもう、過去の自分の想いを反芻することもないだろう。


そんな雑多な人生観など超越したところで生きているに違いない。





そう思っても、私は、やっぱり、思うのだ。



夫は、きっと、今でも、自分の信念を変えていないだろう。


分からないままに、何か違うぞ・・と感じている様な気がする。






喪中葉書の「96歳」の文字を見て、ふと、そんな事を考えた師走の一日でした。







ま、考えてもしょうがない。


勢い良くご飯を食べてくれる目の前の夫に、感謝あるのみ。





勢い

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |