FC2ブログ

プロフィール

Author:momo


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


FC2カウンター


フリーエリア

いつでも里親募集中

世間はクリスマス。


毎年、忙しさがピークに達する頃なので、そんな世間の喧騒とは隔絶した環境で、いつの間にか26日を迎えるのが常であった。


ところが、今年はちょっとした家族関係の変化のお陰か、24日には大きなチキンの丸焼きと可愛いサンタさんが付いたケーキが届いた。


会社の休憩室で、家族と社員と賑やかに過した。


山盛りの美味しい食べ物と、飛び交う楽しい会話。


手渡されたプレゼント。


この場に元気な夫が居たら、どんなに喜ぶだろうか、と言う想いは、満たされた心の片隅にしまっておいた。





そして、今日25日。


仕事が終わってから病院へ駆けつけた。


今日は、夫と二人だけのクリスマスをしようと決めていた。


お父さん、今日はクリスマスだから、一緒にケーキ食べようか。


夕食を食べ終わった後のテーブルの上に、私は小さなモンブランを一つ置いた。





威勢の良い食欲。


うん、そう、と聞えた小さな声。


とても穏かな顔。


そして、ほんのちょっとの頬の緩み。


夫は、こんなプレゼントをくれた。









今年のクリスマス。


二つのクリスマス。


賑やかな楽しいクリスマスと、病院の片隅での、誰も知らない二人だけのクリスマス。









どちらも、幸せだった。



けーきくりすます





コメント

我が家も・・

こんばんは
我が家も二つのクリスマスしました。

わたしも主人のもとへ小さなモンブランのケーキを持って
いきました。
口へ運んで、おいしい?とたずねると、「うん。。」と返事が。
ささやかなクリスマスでしたが、わたしの体にもたれかかって
座る(もたれかからないと座れません)主人の体のぬくもりが
伝わってきて、しあわせなひとときでした。

おんせんたまごさん

こんにちは。

特養で落ち着かれているご様子で、良かったですね。

そちらも、クリスマスケーキはモンブランでしたか。
「美味しい?」「うん。。」この会話も同じですね。

そして、体のぬくもりも、幸せな気持ちも・・・・

同じですね。v-410

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |