FC2ブログ

プロフィール

Author:momo


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


FC2カウンター


フリーエリア

いつでも里親募集中

何か書こう。


そう思って書き始める。


と言っても、あまり筆(いまどき、ふで、は、ないか・・)が進まない。


急いで書きたいほど、嬉しい出来事は、あまりない。


酷い眉間の皺を拝んできた日には、「何故、日本では諸外国の様に安楽死が認められていないのか?」と、危険な思考に取り付かれる。


半年経っても、未だ胴体拘束が解除されない現実にも、いい加減、嫌気が差してきた。


もちろん、何もしないで手を拱いている訳ではない。


昨年末から、ワーカーのSさんが、次の居場所を探してくれている。


絶対に拘束しないK3病院が一番の有力候補だったけど、断られた。


食事時の拘束がネックだったと聞かされたが、重度の人の入院が増えて、受け入れが難しくなって来たと言うのが、本当の所らしい。


認知症の患者さんは、どんどん増える。


国は、在宅へ戻す事を目的として介護保険制度を作った。


だけど、現実は安心して在宅で看て行ける程、ヘルパーさんが充実していないらしい。


夫ほど重度になった人を、家で看て行くのは、とても大変だと思う。


それなら、安心して任せられる所は無いものか?


それが、重度であるが故に、受け入れ場所がないとなると、その先にあるのは一体何だろう?


何処でも良いから入れてくれる場所さえ見つかれば良い、とはとても思えない。
















今日の夫は、そんな私の思惑などつゆ知らず、いつも通り持って行った果物をパクパクと食べてくれた。


穏かな良い顔をしている。


じっと大人しく車椅子に座って、何の憂いも持っていないその顔を見ていると、やっぱり家で一緒に暮らしたいと言う思いに取り付かれる。


どんな理由をつけてみても、夫にとっては、家で私と一緒に暮らすこと以上に良い選択があるとは思えない。






考えすぎるのはやめておこう。


今日は、夫の穏かな顔から、たっぷりと元気を貰ってきたので、それで良いことにしよう。


メグちゃんも、美容院に行ってフワフワになったことだし。



それに・・・


まあ、なるようになるよ。



夫なら、絶対そう言うから。



ぴんくのりぼん






コメント

お久しぶりです。
新しい年が明けても、何ら変わりのない毎日。
一体いつまで続くんだろう・・と思ってしまう自分を
これではイカン!と戒めるのも変わりなく。。
こうやって過ぎて行くのでしょう。

「なるようになる」ポジティブで良いですねー。

我が家では、「なるようにしかならない」です。
なんてネガティブな(笑)
言い方を変えるだけで、違うもんですね。

まっちさん

こんにちは。

変わりなく過ぎて行く日々こそ貴重なものかもしれません。

まっちさんのお家も、我が家も、穏かな時間が流れる事を願っています。

お体お大事にお過ごし下さい!

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |