FC2ブログ

プロフィール

Author:momo


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


FC2カウンター


フリーエリア

いつでも里親募集中

いつも3時過ぎに面会に行く。


2時半頃がお茶の時間で、その後3時からオムツ交換が始まる。


それが終わってから車椅子に乗せてもらうのが、一番リズムが良いからだ。


オムツ交換は、どっさりの資材が乗った大きなワゴンを、二人の職員さんが引きながら、寝ている人がいる病室を回る。


待っている家族がいると、優先的に来てもらえるが、ワゴンがやって来るのを待っている時間は苦痛だ。


しかめっ面の夫を見ていなくてはならないからだ。


今日の夫は、車椅子に移っても、中々落ち着く事が出来なかった。


それでも、食べ物だけは、積極的に口を開けて食べてくれる。


この、生きる本能の様なものは、凄いと感じる。





今日の病棟内は、いつもより騒々しい。


しらかばぁ~、あおぞぉらぁ~


大きな声で、ずっと歌い続けているおばあさんがいる。


演説口調で、他の面会の家族に話しかけている車椅子のおじいちゃん。


初め、お相手してあげていた奥さんも、「今、お話してますから。」と、困惑気味だ。


私も、おじいちゃんに捕まりたくなかったので、車椅子を押して、廊下をお散歩する事にした。


こんな時は、自室に篭るに限る。


夫の部屋は、4人部屋だけど、他の3人の方は、昼間は部屋にはいない。


だから、入り口の扉を閉めれば、広い部屋で夫と二人きりになれる。


ベッド脇のCDをかけてみると、一番好きだった加山雄三の歌が流れてきた。


向かい合って座り、一緒に耳を傾けながら、残しておいたリンゴを食べさせる。


何もしゃべらないで、流れてくる歌を小さく口ずさんでいる内に、夫の表情がだんだん穏かになって来るのが分かった。


次(の曲)は何だろうね。あ、トワエモアだ。


夫は、小さく頷いてくれたりもする。


耳は聞えているはずだから、時によっては、曲が分かるのかもしれない。


表情は、とても穏やかだ。


良かった、しかめっ面を見たまま(あきらめて早めに)帰らなくて。






夫は、車椅子に座った状態で、足を上下に動かしている。


その動きが、時々リズムを取っている様にも思える。


聞いているんだろうか?


曲が分かっているんだろうか?


そして・・・・・


何曲目かの時、夫は、両手をぶらぶらと動かして、おどけた表情をした。


ほんの一秒だけ。


その後、両手の平をぽんぽんと打ち合わせた。


たったの2回だけ。










ほんの一秒でも、たったの2回でも、私は、絶対に見逃さない。


そんな貴重な宝物を、見逃して堪るか。



穏かな夫を残して、帰らなくてはならないのは、本当に後ろ髪を引かれる。









コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |