FC2ブログ

プロフィール

Author:momo


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


FC2カウンター


フリーエリア

いつでも里親募集中

時の流れ

いつもの時間に病棟へ到着。


車椅子に乗せられて連れて来られた夫は、私を見ると両手を差し出して、


そして、言った。


よかった


正確に言うと、


よか○▲□た○#〇・・・


と言う感じ。




若年性認知症の進行は早い。


最後に夫が「言葉」を話したのはいつだっただろう。


振り返ってみると、一年前には、たまにではあっても、「言葉」が出ていた。


一年と言う時間の流れは、夫からその「言葉」を奪い去った。


本当に残酷な病だ。


病の進行は、時として、本人と家族に救いをもたらしてくれる事がある。


その代償として、時の流れは、ありとあらゆる物を奪い去ってゆく。


今の夫に残されているものは、何と微少になってしまった事だろうか。


そして、ここから先も、回復する事は無く、維持出来ることも無く、一つ、また一つ、消えてゆく。


なんと、なんと、残酷な病だろう。








だけど、今の私は、夫から言葉が消えても、何が出来なくなっても、ただ本人が穏かな顔でいてくれれば、それだけで良い、と言う心境になっている。


それもまた、時の流れのお陰だと思える。


ここから先の時間は、夫から何を奪い去り、同時に私に何をもたらしてくれるのだろうか。






014.jpg






コメント

 またまた焼肉の写真に出会いました。
 でもmomoさんとご主人様の辛い時間を読み続けて私も苦しくなってましたので、この先にこの姿があるんだとホッと呼吸ができました。
 今日は三ヶ月振りに夫を森林浴に連れ出しました。もう一緒には無理だと思ってましたのに・・・
 歩く道も距離もすべて彼の思い通りにしたところ、痙攣も失禁もありませんでした。これなんだなと、誘導してた以前の自分を反省してます。

はなさん

あららら・・・・またまた焼肉が登場してしまいましたか。でも、重い記事の後に、ちょっと笑えましたね。

ご主人と一緒に森林浴出来て良かったですね。暖かくなったら、お散歩、お花見・・・一杯楽しんで下さいね!

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |