FC2ブログ

プロフィール

Author:momo


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


FC2カウンター


フリーエリア

いつでも里親募集中

夫は、このところ落ち着いている。

いつもの時間に面会に行くと、大抵車椅子に座って、ナースステーションの前に居る。


とりあえずは、目の行き届く所に置いておかれなくてはならないらしい。


「私が行かない限り、ずっとベッド上で拘束されている」時期は、取り憑かれたように毎日毎日面会に行っていた。


今も、動きが激しいための拘束は解かれていない。


でも、私が行かなくても、車椅子に移してもらう時間が増えたので、随分気分が楽になった。


もちろん、車椅子上でも酷い眉間の皺で、私を落胆させる事が、たまにはあるけれど、全体的に見ると、随分落ち着いて来たと思える。





今日の夫は、いつも通り車椅子に座ってナースステーションの前に居た。


少し離れた所から、表情を見てみた。


「普通」の良い顔だ。


「普通」なら、満点だ。


近くに行ってみると、夫は直に私を認めて、口を突き出してきた。


私=食べ物


夫の脳の中では、こうなっている。


車椅子は、バー固定されていなかった。


バー固定、と言うのは、車椅子に座っているけれど、足で漕いであちこち行ってしまって、他の人とトラブルになる恐れがある場合、車椅子が動かないように、手すりに固定すること、だ。


夫の車椅子は、てっきり固定されていると思っていたので、フリーだったと分かって、何だかとても嬉しかった。


そして、そんな些細な事で喜びを感じられる自分が、少々切なくもあった。




とは言え、夫の穏かな表情は、私の心の中のマイナスの感情の、何もかもを洗い流してくれる。




笑顔こそなかったが、


たべぅ・・


うん




と、言葉をしゃべってくれた。


そしてまた、そんな些細な事で、大喜びしている私が居る。


幸せのハードル、喜びのハードルは、どんどん、どんどん、どんどん∞・・・・低くなる。






夫は、3月1日から、有料老人ホームVに、体験入居することになった。


居場所は何処でも良い。


夫の穏かな顔さえ見られれば、それ以上は、何も望まない。



メグしあわせ




おとうさんいたら








コメント

こんにちは  グチです 聞いてくださいな 三ヶ月の約束で
  
母を施設に お願いしたのに歩けなくなり短期忘れもひどく足の
 
浮腫みもひどく思わず引き取りましたが 夜寝ない日日に 精神
  
的な辛さで 又施設に お願いする事にしました まだまだ待つ


ものと思っていたら早くにも待っていたはずのお知らせがあり  

罪悪感でいっぱいになり 返事ができないでいます momoさん

とは 比べられないほど楽なのかもしれないのに 泣き言です。

                        44E355

44E355さん

こんな時は、「家族が倒れてはいけない、精神的に参ってしまってはいけない。それをご本人は望んでいない。」と言うのが模範解答でしょうか。

散々、同じ様な葛藤を経てきた私は、それは、ありがたいけど、心休まるものでない事を知っています。

周りの方の意見を聞き、思いを吐き出して、ストレスを減らすのもありだと思います。

だけど、最終的には、ご自身で結論を出さなくてはなりません。キーパーソンは、本当に孤独です。

必要以上に罪悪感を膨らませる事無く、また、絶望が先行して自棄になる事無く、おばあちゃんとご自身とご家族にとって、一番良いだろうと思われる道を選んでください。

そうしてご自身で選ばれたその道が、一番、良い道です。

偉そうな事言ってごめんなさい。これは、私が自分自身に言い聞かせている事でもあります。

頑張ってくださいね。天国から、お父さんとラブちゃんが、見ていてくれますよ。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |