FC2ブログ

プロフィール

Author:momo


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


FC2カウンター


フリーエリア

いつでも里親募集中

Vホームへ通うのにも、少しずつ慣れてきた。


何とかして早く到着する方法が無いだろうかと、あれこれ裏道など模索してみたけれど、結局、順調で40分と言う時間は変わらない。


Vホームを終の棲家にする気になれるかどうかの判断で、一番大きいのがこの距離だ。


面会は、週に一度、と決めて、他の6日間は、自分の生活を楽しむ、と言う割り切った考え方が出来るなら、何も問題は無い。


残念ながら、優柔不断な私は、いつもいつも夫の事が気になる。


結婚以来ずっと、発病直前まで、夫と言う大きな傘の下で、守られて生きてきた私は、実は、依頼心の塊なのである。


一人で逞しく生きてゆける類とは程遠く、いつも誰かに頼っていたいひ弱な人間なのだ。


配偶者がこの病気になると、男性は優しくなり、女性は強くなる、と聞いた事がある。


それは間違っていないようで、この10年で、私は本当に強くなったと思う。


でも、それは強くならざるを得ないから、仕方なく強くなった様に見えるだけで、依頼心だらけのひ弱な人間であると言う本質は、実は変わっていない様に思う。


昼間はまだいい。


仕事をしていると、あっと言う間に時間は過ぎて行く。


人の出入りも多いので、忙しくも楽しい。


夜。


一人になる。


息子たちは、夕方になると、それぞれの配偶者の元へ帰ってゆく。


だから、夜は、本当に、一人。


メグちゃんはいるけど、ちょっと違う。
(ゴメンネ、メグちゃん)


一人の生活は、とても楽だ。


自分の事だけをすれば良いと言うのは、長年、家族の世話ばかりして来た主婦にとっては、天国にも思える。


だけど・・・


一人は・・・・・淋しい。


一人は・・・・つまらない。


つくづく、夫に、傍に居て欲しいと思う。








今日の夫は、終始落ち着いた良い顔をしていた。


新しい環境に慣れてきたのだろうか。


たまたま、かもしれない。


2時40分頃、部屋に行ってみた時は、布団から大きく離れた部屋の隅に横たわっていた。


昼ごはんが終わると、一旦部屋に戻り布団に寝かされる。


病院の様に拘束はしないので、体の動きによってあちこちへ移動してしまう。


夜間は、大人しくしているらしいが、このお昼の休息タイムには、随分移動するらしい。


しかめっ面だった夫は、私が顔を見せると、寝たままの状態で、顔の表情を緩めてくれた。


二人の男性職員さんに車椅子に座らせてもらうと、私のほうへ手を伸ばしてきた。


今日は、調子が良いのかもしれない。


ホールへ行くと、お八つが用意されていた。


牛乳で作った白いゼリーに、生クリームが搾り出され、果物が乗っている。


凄く美味しそうだ。


今日は暖かいので、冷たい麦茶が付いている。


相変らず夫の食欲は素晴らしい。


ツバメの赤ちゃんのごとく、口を突き出して食べ物を要求するさまは、何とも笑える。


あっと言う間に、完食し、私が持って行った果物も、いくらでも欲しがる。


食べ終わると、少し廊下をお散歩してから部屋に戻った。


お気に入りのCDを掛けて、二人で寛ぐ。


調子が良いと、手拍子やおふざけが出る。


そんな夫と二人だけで過す時間は、私にとって至福のときである。





いつも調子が良い訳ではない。


眉間の皺が消えない日は、早々に帰ってくる。


安心して任せられる環境に夫を残して帰って来ることが出来る、と言う選択は捨てがたい。


反面、ずっと穏かな顔で居てくれた日には、


あ~、これなら、もう一度家で一緒に暮らせるではないか、と思う。







夜、PCに向かいながら、ふと目を遣ったその先に、車椅子に座っている夫の姿を想像してみたりする、一人ぼっちの私。






いるのに「






コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |