FC2ブログ

プロフィール

Author:momo


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


FC2カウンター


フリーエリア

いつでも里親募集中

「コロコロするからココロって言うんだよ。」


ラブちゃんのお父さんが、お元気だった頃に言われていた言葉だと教えていただきました。



それにしても・・・・コロコロし過ぎの私のココロ。


このままVホームでお世話になる事にするか、それとももう一度家に連れて帰るか。


この二つの選択肢を行ったり来たり、行ったり来たり、


日替わりどころか、時替り、分替り、秒替りで動いている。






面会に行くと、大抵はしかめっ面をしている事が多い。


眉間に皺がより、目を閉じて、苦しそうな表情だ。


初めのころ、「釣り」と間違えられた、手の動きもある。


お八つを口に入れて食べさせ、暫くすると表情が落ち着いてくる。


大体、病院に居た時と変わらない。


たまに、調子が良いと、音楽に合わせて手拍子を打ったり、ほんのちょっとだけ頬が緩む事もある。


そんな良い顔を見た時や、一時間程の面会の間、ずっと普通の顔をしていた時には、これは家に連れて帰れるぞ、と思う。




だけど・・・・




今日、3時前に行った時、ホールではカラオケが行われていた。


沢山のおばあちゃんたちが大きなTV画面に向かって、歌っている。


夫は?と探すと、片隅に車椅子に座っていたが、とても調子が良くない状態であるのが直に分かった。


楽しそうな空間に、一人浮いている。


夫はもう、カラオケを楽しむ事も、皆さんの楽しい空気に参加する事も出来ない。


何だか、ものすごく可哀想になって、早々に部屋に連れて来て貰った。


相変らず口を開けて、お八つを要求するが、ご機嫌は直らない。


たっぷり持って行った、リンゴとバナナとメロンとイチゴを全部食べ終わっても、眉間の皺が消えない。


怒って声をあげる。


そのエネルギーは、年々小さくなってはいるが、いつまで経っても消える事がない。


傍でそれを見ていて・・・・何だかとても疲れた。


生きている限り、安らぎはない、


あの眉間の皺は、生きていることへの苦悩の表現だ、


と、いつもの闇に落ちる。


相手する事を止めて、部屋に備え付けのTVを点けて見る。


お笑いをやっていたので、しばらくそれに目を向ける。


目は画面を見ているが、頭の中は別のことを考えていた。


これじゃあ、家に連れて帰るなんて、とても無理だ。


そんな、レベルじゃない。


病院に送り返されないで、ここに居られるだけ良いと思わなくては。


もし連れて帰ったら、この眉間の皺から24時間逃げる事が出来なくなる。


私は破滅するだろう。


そんな事を考えている内、夫がいつの間にか、普通の顔になっていた。




そう、その顔、


その顔でいてくれたら、私はとてつもなく幸せなんだけど。


笑ってくれたりしなくても良いから、その普通の顔でいてくれたら、もう一度一緒に暮らせるのに。


こんなささやかな願いなのに、おそらく最後まで、私が望むような姿にはならないだろうと言うことが、いい加減に分かってきた。


苦しみの表現の合間に、ほんのちょっとだけ穏かな時間が存在する。


その点の様な瞬間がある為に、私は生きてゆくことが出来る。


病の進行と共に、激しさは減ってくるが、私が長い間望んでいた穏かな姿は、永遠に実現する事はないだろう。


本当に、残酷な病だ。



とは言え、それでも夫も私も生きて行かなくてはならない。








いい加減、コロコロするのを止めて、観念しろ。


分かっているけど・・・・・・


やっぱり、まだまだコロコロするんだろうな。








コロコロ











コメント

こんにちは わたしもコロコロしたあげく施設に入れて頂きました そしたら昼夜逆転し眠剤の世話になり歩けなくなりましたさいわい 近いところですので毎日通えます でも夜一人になると家に居たら歩けてたのかもと 申し訳ない気持ちになり つらい夜が   ある日面会時間ぎりぎりまでいたとき母が 興奮状態になり 眠剤の世話になるのはしかたないのだと思いこれでいいのだと 観念しましたもし家につれて帰ったら 介護が辛いのではなく 姿を 見てるのがつらくて 何かしかねないなと   施設は とっても明るく職員さんもとっても良くして頂き申し訳ないくらいで 現金なもので 今は良かったなと思っています 夜は やっぱりさみしいですけど メグちゃんを借りたい~     本当の所まだまだもやもやしてます                                             44E355 

永遠にコロコロし続ける事は出来ないので、いつか必ず何処かでココロの落とし所を見つけなくてはなりませんね。

おばあちゃん、良い施設に入られた様で、良かったですね。そして、44E355さんが、良かったと思える様になられた事が何よりです。

とは言え、もやもやが消えないのも、分かるような気がします。皆、こうして、何らかのコロコロを抱えながら生きてゆくのですね。メグちゃんが出張セラピーできると良いんだけど。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |