FC2ブログ

プロフィール

Author:momo


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


FC2カウンター


フリーエリア

いつでも里親募集中

大体、いつも3時頃に面会に行く。


夫は、昼食を食べ終わった後、一旦マットレスの上で休憩を取る事になっている。


そして、お八つの時間に再び車椅子に乗る。


私が部屋に入った時、夫はマットレスの上から大きく動いて、部屋の隅ににいた。


仰向けに横たわったままだ。


掛け布団はかかっているので、恐らく自分で引っ張って一緒に移動したのだろう。


眉間にはいつもの様に皺が寄っている。


私は、絶望的な想いで、そんな夫を見下ろしていた。


拘束されて動けない状態も悲惨だけど、マットの上から、部屋の隅まで、身体を動かして移動している夫の姿は、とても悲しい。


職員さんが直に車椅子を持って入ってきた。


「あら~、そんな所まで行ったの。○○さ~ん、はい、お八つを食べに行きましょうね。」


とっても、元気なおばちゃんだ。



いつもこんな顔してるんですか?


一番気になる事を聞いてみた。


「いえ、良いお顔の時もありますよ。しっかりと目を開けて、時々ちょっと笑った様なお顔の時もあります。」


そうか・・・良い時もあるんだ。


私はいつもあまりタイミングが良くないと見える。


眉間の皺を拝む確率が高い。


車椅子に移った夫をホールへ連れて行った。


入居者のおじいちゃんが、マジックを披露している。


中々お上手だ。


楽しそうな空気の中、夫は、決してマジックを見る訳ではないが、お八つを食べながら、だんだんと良い顔になって来た。


そのまま穏かな表情が続いた。


「良いお顔してますね。」


先ほどのおばちゃんが離れた所から大きな声で言われた。


「ご夫婦、似てらっしゃいますね。」


そんな風に見えるんだ・・・・・。


夫は、しっかりと目を開けて周りを見回し、近くにいる人に視線を向けたりしている。


本当に良い顔だ。


決して笑っている訳ではないが、穏かな普通の顔だ。


お八つを食べ終えても、私はその顔を崩したくなかったので、そのまま動かないで居た。


お散歩したり、何か別のことをして、せっかくの良い顔が消えてしまったらもったいない、と思った。


でも、今日の夫は、ずっとずっとそのままで居てくれた。


窓から差し込む陽の光が暖かい。


外には、さくらが咲いているのが見える。


遠目に、富士山がうっすらと見えている。


穏かで平和な時間だった。


私は、夫と二人きりになりたくて、部屋へ移動した。


音楽をかけて、いろいろ話しかける。


穏かさはまだ続いている。


どの位続くんだろうかと、時計を見て置く。


そして、こんなに穏かなら、絶対に家で暮らせる、と思う。


施設に入っていると、不穏な顔も、眉間の皺も見なくても済む。


ダメだと思ったら、直に帰ってくれば良い。


良い顔の時だけ一緒にいれば良い。


私の都合で何でも出来る。


だけど、その代わりに、こんなに穏かで良い顔の時も、タイミングが合わないと見ることが出来ない。


そんな事を思いながら、夫とお話しをした。


これだけ穏やかな時は、きっと頭もすっきりしているに違いない。


でも、もう返事は期待していない。


独り言だ。


ねえ、お父さん。おうちの方はね、さくらが咲き始めてとてもきれいよ。お庭のチューリップも芽が伸びてきたの。

その内、綺麗に咲くと思うよ。

お家に、帰る?




かえ○▲□ら#☆ない・・・



えーーー!びっくりした。


夫が、「帰らない」と答えた。


たまたまだよね。


しばらくして、また聞いてみた。


お家に帰る?



うううん


否定の言葉だった。


ここがいいの?


そうそう



どう解釈したら良いのか、分からなかった。


今の夫が、どれだけ私の言葉を理解できるか分からない。


自分の思い、と言うものをどれだけ持っているか分からない。


家には帰りたくなくて、ここに居たい、


はっきりとそう言う思いを持って、それなりの言葉を口に出せるとは思えない。


だけど・・・


あまりにも、繋がる一連の会話をどう考えたら良いのだろう。


夫が私のことを思って、家では大変だから、自分はここにいるよ、と言う意思表示だという優等生的な答えは、心にしっくり来ない。



だけど、久しぶりにこれだけの会話が出来て、本当に嬉しかった。


そして、調子に乗って聞いてみた。


ねえ、お父さん。お母さんと結婚して良かった?


よかった



うん、今日の夫は、確かに冴えている。




でも、私の予想通り、暫くすると苦しそうな顔に変化して行った。


時計を見ると、約一時間が経過。


もうちょっと早めに退散すれば良かったかも。



でも、今日は本当に良い日だった。




015よかったね323





コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |