FC2ブログ

プロフィール

Author:momo


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


FC2カウンター


フリーエリア

いつでも里親募集中

区切り③

夫の終の棲家を決めなくてはならない。

迷う中、私は出来る限り情報を得ようと思った。


まずは、現場に足を踏み入れてみる。


Aホームの相談員Kさんは、うちの長男と同い年の35歳。


異業種からこの業界に転職してきてからまだ3年程だそうだ。


今の我が家の状況を出来るだけ詳しく説明した。


今のホームのケアに不満があるわけではなく、遠いので、とりあえず(失礼だったかも)一番近いホームを見学に来た、


一番の願いは、夫が穏かで居られる時間が少しでも長い事、


大切にして貰えていると、私が感じられる事、


病院から、普通のホームでは看られない病状だと言われている事も伝えた。


Kさんは言った。


お話しは分かりました。正直に言うと、このホームが開設されて2年ですが、これほど重度の方をお受けした事はありません。

でも、だからと言ってお受けできませんとは言いません。

もし、うちのホームを選んでいただけるなら、精一杯の事はやらせて頂きます。ご不満があれば、それを解消する様努力します。出来ないから、こちらから出て行って下さいとは、言いません。




やたら、気合が入っていた。






見学を終えて、息子たちと話し合った。


ここで、長男のディズニーランドとピクニックランド発言が出た。


帝国ホテルとシティーホテル、とも。


Aホームは、開設2年なので、建物も設備も清潔で気持ちが良いが、ディズニーには及ばないと思えるところが、ハード、ソフト、共にあると感じた。




私は、もっともっと情報を集めようと思った。


病院のソーシャルワーカーSさんに電話した。


Aホーム、と聞いて、Sさんは、少々難色を示された。


「病院からAホームをご紹介して入られた人も居られますが、もっともっと軽度の方ばかりです。

御主人の場合、かなりケアが難しいと言うことは、良く言っておいた方が良いですよ。」


想像通りの答えだった。


次に、昨年在宅の時にお世話になったケアマネIさんに、電話した。


Iさんと話すのは、あの時以来だ。


Iさんは、残念ながら、私が密かに期待した様な、地元ケアマネ故に知り得る特別な情報はお持ちでなかった。


ただ、Aホームの悪い噂なども無かったので、それは一つの安心となったが、色んな人から、それぞれの角度からの意見を聞いて、却って、私は、疲れてしまった。




Aホームにしよう、やっぱりVホームのままでいい、いやいや、決められないから一旦連れて帰ろう、ダメダメ、それじゃあ破滅する、



こんな風に、心は揺れて揺れて、船酔い状態だったが、だからと言って、いつまでもこのままでは済まされない。


いい加減に、決めなくては。


最終的に、私がAホームに決めた理由の中で、何が一番大きかったかと言うと、家からの距離の他に、思い掛けず新たな発見があったからである。


一気に書こうと思っていたけど、疲れたので、また明日。


おやすみなさい




続く



コメント

終の棲家を決めるのですもの。
迷いに迷うと思います。

ご主人がご自身で決められない以上、momoさんの肩にすべてがかかって来るわけで。。
私も、いつかは同じような状況になるんでしょう。
悩むだろうなぁ・・

息子さん達が意見を出してくれるのは、有り難いですね(迷う一因にもなりますが)。

まっちさん

こんばんは。

本当に、私たちって・・・大変ですよね・・・

頑張るしかないですね・・・がんばりましょう。

我が家の場合ですが・・たぶん「終の棲家」を決める前に
「胃ろう」と「気管切開」の決断が先になるような気がします。

嚥下機能が最近落ちて来ていて、自分の唾液でよくむせています。
「その時」が来たらを想定して、旦那とはその手の処置はしないと話し合って決めてありますが
いざ、そうなったら果たしてキッパリ決められるかどうか・・。

胃が痛くなりそうです。

その決断は、「終の棲家」どころのプレッシャーではないでしょうね。

夫の場合、真の安息は、あちらの世界でお母さんに抱かれた時にしかないと思うので、あれこれして、私のそばに留め置くのは、むしろ酷な事だと思っています。

いざと言う時に、その心が揺れない様に、精進しておかねばと思います。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |