FC2ブログ

プロフィール

Author:momo


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


FC2カウンター


フリーエリア

いつでも里親募集中

新居に引っ越して5日が過ぎた。


生活のリズムが変わった。


毎日、夫の顔が見られる。


夕食後、ホールの端にあるソファに座って、夫に果物を食べさせていると、仕事帰りの息子が顔を出す。


テレビを見ながら、何と言う事の無い話をして、しばらく寛いでから自分の家に帰ってゆく。


夫がいて、息子がいて、テレビがついていて、リビングのソファに座っているこのありきたりの光景。


失くしてしまってから、随分の月日が流れた気がする。


在宅で居た頃は、不穏状態酷い夫から隠れるような時期もあった。


息を潜めて、悪魔が居なくなるのを待っていた。


団欒など、考える事もなかった。


入院してからも、そこはやはり病院だった。


急性期治療専門の精神病院だ。


とても良くして頂いて、感謝一杯だけど、やはり・・・・当たり前の団欒はなかった。


夫の胴体には、ずっと拘束帯が巻かれていた。


それを見るに耐えかねて、Vホームに移った。


Vホームは、とても心地の良い居場所だった。


夫も、少し慣れてきた気がした。


だけど、遠い。


私の日常生活の一こまではなかった。


わざわざ時間を作って出かけないと、夫に会うことは出来ない。


仕事が忙しい息子は、会いに行く事が出来なかった。



今、こうして直近くのホームへ移って、


毎日、会いに行ける。


昼間、出かけられない日でも、仕事を終えてから行ける。


歯医者さんに行ったついでに、買い物のついでに、配達のついでに、ちょっとだけ顔を見に寄る事も出来る。



在宅介護こそ叶わなかったが、夫が私の日常に戻って来た気がする。


「すぐそこにいる」と言うのが、とても心の安らぎに繋がると言うことを実感している。


また、職員さんたちも、そんなに困らずにお世話をして下さっている様だ。


そんな訳で、「老いては子に従え」の諺は正解で、私は今の生活にとても満足している。


問題は、当の夫のご機嫌なのだが、これだけは、思うようにならない。


環境の変化が、どれだけ影響しているか、はっきりとは分からない。


何処にいても、しかめっ面あり、普通の顔あり、たまには頬が緩む事もあり、なのだ。


ただ、やはり、何か違う、と言うのは感じていると思う。





課題は色々あって、まだ始まったばかりだけれど、とりあえず、新生活は順調に動いています。






025.jpg





コメント

お久しぶりです

momoさん、お久しぶりです。

私の介護も、結果論でしか評価しようのない過程をたどりましたが、momoさんも大変な道のりでしたね。
渦中は「そのときベスト」の選択の連続ですものね。
そのときは先がどういうふうに展開していくか神のみぞ知るですものね。

とにかくここまで来られました。
これからの道のりが平坦でありますように祈っています。
団欒が復活されたことは本当に嬉しいですね。
今の「幸せ」をどうぞ大切になさってくださいね。


mikiさん

ご無沙汰いたしました。また、お立ち寄り頂けて嬉しいです。

あの頃、こんな展開が待ち受けているとは、全く想像も出来ませんでしたが、mikiさんの教え、「その時ベスト」と「最後までやり遂げる事」をいつも心に言い聞かせ、ここまで来る事ができました。

当時と比べると、格段に楽にはなりましたが、本人の苦しみ、それに伴う私のしんどさは、生きている限り永遠なのでしょう。「やり遂げる」と言うことが、どれほど大変な事なのかを、実感しています。

まだまだ先は続きそうです。自らの精神力の維持継続こそが、今後の課題です。「今」の「幸せ」を大切にする事、ちょっと忘れてました。

ありがとうございました。

今のアドバイス

momoさん、介護を終えて3年たった今の私からのアドバイスは次のふたつです。

1 介護をやり遂げること
2 介護でmomoさんが致命的な病気にならないこと

これからは、何年先になるかわからないけれど「看取りが、いつ、どこで、どんな状況になるか」ということも踏まえてということになるでしょう。

momoさんもお母様がお元気でいらしゃることが大きな力になっていますよね。
子にとって親の存在は大きいです。
親の片割れとしてどうぞお子様のために長生きなさってください。

これからもつらい局面はあると思います。
けれども、燃え尽きてしまわないように自分をコントロールなさってください。

介護で死んではいけない。
生き残って供養してこその介護です。

momoさんこんにちは。
ご主人のおひっこしがうまくいったようで、私もとてもうれしくなりました。
息子さんが4人もいらっしゃるなんて素敵ですね。

あくまで私の思いつき的な意見ですが
ご主人のこれからの介護体制については
momoさんが一人で頑張るのでなく息子さんたちにあれこれ
助けていただくようにしたほうが良いと思います。
その方が息子さんたちにとって気分的にも楽な気がします。
将来息子さん達がずっとmomoさんだけに辛い思いをさせたという気持ちを持つのはとてもしんどいと思います。

うちも娘がおそらく就職で実家にもどってくると思います。
きっと実際に生活するといろいろな問題が起こってくると思いますが、相談相手ができるのはとてもうれしいです。
ホントに私一人だけで闘うにはあまりにも手強いので(苦笑)
娘の父親に対する理解は、私の夫に対する理解と違う所があって
それが結構ためになります。

それではメグちゃんとご主人によろしく!

mikiさん,ルッコラさん

こんばんは。

何もかもが終わって、そしてしばらく時間が流れてから、漸く自分が歩いてきた道の全容が見えてきて、いろんな想いが去来するのでしょうね。

終わった後、まあまあこれで良かったのかなと思えたら幸せですね。

mikiさんのアドバイス、しっかりと心に留めておきます。

ルッコラさんは、フルマラソンもされるので、きっと長い目でのペース配分がお上手なんだと思います。

私、子供の頃から、短距離走が得意でした。ほんの数秒の為に、全てを集中して、全力で走り抜ける爽快感が自分に合っていました。走り抜いた後は、倒れこむのも良し、でした。

そんな私なので、この長い長い介護レースは、向いていないと思えます。
10年経過した今が、いったい何処まで走ったのか分からない。既に三分の二走ったのか、それとも半分くらいなのか、いやいや、まだ三分の一しか走っていないのか。

走り過ぎて、もう、燃え尽きたかも・・と思ったこともしばしばです。だけど、まだレースは終わらない。

mikiさんが仰るとおり、介護で死んではいけない、と言うことだけは肝に銘じて、ここからは、もう少しゆっくりと歩んで行かなくてはと思います。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |